盗撮動画サイト無修正は違法?

盗撮で無修正だとさすがにやばい?

1つ1つ検証・考察すべきですかね。

 

盗撮⇒いろいろと問題有り
無修正⇒入手経路と一定のルールさえ守れば問題無しとは言うけれど・・・

 

これをごっちゃにすると
盗撮無修正動画はまずいんじゃ?って思う人もいるでしょう。。

 

同時に考えようとするとダブルパンチのようで複雑になっていくので、

 

まずは、分けて考えてから、後に重ねて考えてみましょう。

無修正はどうなのよ?

ノーマルジャンルを扱う沢山のサイトが解説していますので細かい事は省略したいのですが、
極端な解釈をしてしまう人もいるようなので注意しておきましょう。

 

そもそも普通のAVだってどうなの?
というのも実は曖昧だったり解釈があったりします。

 

認知的にあたりまえ化しているから気にならない事ってあります。

 

AVと売春防止法だって議論や解釈もあったりするようです。
(キリがないので省略しますが)

 

無修正の違法性について

日本の刑法175条(わいせつ物頒布等)が絡んでいますので引用します

1)わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。

 

2)有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

 

条文の解説・解釈

わいせつ物という定義のお話をしたら長くなりますし、深追いすると憲法の表現の自由まで
話が膨らんでいまいますので、今回は沢山の人が認知している、無修正はいろいろと問題があるというお話に絞って解説します。

 

頒布とは有料無料問わず不特定多数の交付という解釈で良いでしょう。
(有料でも無料でも人に渡すなという事でしょう)

 

公然と陳列、とは不特定多数が観覧できる状態におくという解釈で良いでしょう。
(見せるな!という事でしょう)

 

有償で頒布する目的で、前項の物を所持
販売目的で所持していてはいけないという解釈で良いでしょう。
(売る目的なら持ってちゃダメという事でしょう)

 

補足

刑法175条は平成23年に改正(追記)されています

 

・電気通信の送信
・電磁的記録

 

といった言葉が追加されています。
物でなく、データーだからという言い逃れはできません。

 

これらを踏まえて違法性についての解釈

・日本国内の運営で無修正配信・販売をすることは日本の法律上できません。
(しているサイトがあったら違法行為です)

 

・無修正は人にあげたり見せたりしてはいけません。
(そもそもな著作権違反行為は論外として、無修正のネットで公開もNGです。海外のサーバーでも管理者が日本にいればNGだと思われます。)

 

まとめ

配信サイト側

配信サイト側は無修正が違法でない国で運営・配信していれば法的問題はクリアしています。

 

利用者側

販売目的で所持していはいけないという事を反対の解釈ができます

 

つまり販売目的でなければ日本国内のユーザーは所持していて問題ないだろうという解釈ができます。
なので無修正サイトが流行しているのです。
(いつか規制入るかもしれませんね)

 

 

なので無修正だから問題というのは無いという解釈できます。

 

問題があるとすれば無修正よりも『盗撮動画』のほうが怪しいでしょう。

 

無修正だという事はわけて考えて問題ないのでしょう。

 

 

有料盗撮動画サイトの安全性や法的問題は別ページにて解説しています。

 

 

安全性解説ページ

 

トップページにもどる